Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流行語大賞受賞

最近、妙に思う。
「衝撃的」って言葉。

マスも宣伝も僕らも安易に使い過ぎじゃなかろうか?
使い過ぎで、ありがたみがない。
衝撃的インフラ。


特に映画演劇小説などに於いてその言葉は
「暴力的、破壊的、露悪的、性的」の代替えの言葉として
使われる事が多過ぎる気がするけど本来はそういうことじゃないと思う。


流れの中で予想つかない事こそ、衝撃的。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

筧昌也

Author:筧昌也
■■■■■■■■■■■■■■■
筧昌也
(映画監督、イラストレーター)
代表作『美女缶』
『ロス:タイム:ライフ』
『Sweet Rain 死神の精度』

メールはこちら。

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。