Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カメルーン戦

本田1トップ、アンカー阿部、スタメン川島、そして俊輔のスタメン外し。
博打に勝った、岡田監督。

その後の躍進を考えると、GLにとって初戦の勝利が如何に大事かと
いうことを思い知らされた。頭では分かっていたけど、肌で感じられた。
色々な日本らしいサッカーの理想もあるだろうけど、
ワールドカップは甘くない。
守備重視のカウンターサッカーに切り替えたのがやはり正解だったんでしょうね。
ただ、その裏には、大久保、松井、阿部のアテネ五輪組の出来に
多少なりとも自信があったからでしょう。
トォーリオも含め、彼らアテネ五輪組は谷間の世代と言われ続けていたから、
その頃からずっと応援している身としては、この勝利にはなおさら感動するのです。


博打と言ったけど、やはり偶然を引き寄せるのも必然の積み重ね。
カメルーンが不調も助かって、とにかくリアリストに徹した日本の勝利。

松井の言葉
「強いチームが勝つんじゃなくて、勝ったチームが強い」
常套句だけど、まさにその通りかも。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

筧昌也

Author:筧昌也
■■■■■■■■■■■■■■■
筧昌也
(映画監督、イラストレーター)
代表作『美女缶』
『ロス:タイム:ライフ』
『Sweet Rain 死神の精度』

メールはこちら。

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。